移動にかかる出費を抑えることができる方法とは

TOPICS

  • 早期の予約

    夜行バスを利用する際、予約をする必要があります。電話やネットで予約が可能で、早めに予約をすることで席を抑えることができます。特に、混雑する時期は予約を取るのは困難なため、早めに行いましょう。

  • 便利に利用できる

    レンタカーを利用する際、空港に近い場所にある会社のレンタカーを借りることで、スムーズに移動をすることができます。特に、新千歳空港から観光地までの距離は長いため、空港に近い場所を利用するのが最適です。

  • 自分に合う活用法

    個人でレンタカーを利用するよりも、旅行会社でレンタカーを利用することで便利に移動することができます。どちらも同様の料金でレンタルすることができるため、事前に調べておきましょう。

出費を抑えた移動手段

料金を安くするなら夜行バス

観光目的で利用するのであれば日本国内だと飛行機もしくは新幹線が一番早く到着します。しかし、交通費となると東京から京都でも2万円から3万円程度はかかります。この出費は大きいです。この分の出費を減らせれば、その分をお土産代にまわしたりもうちょっとランクの高いホテルにも宿泊することができます。そこで利用したいのが夜行バスです、夜行バスであれば東京から京都の間を1万円しない交通費で利用することができます。別に夜行バスは、観光目的でなくても出張などに利用をすることで、交通費などの経費を抑えることができます。さらに、高速夜行バスは窓口や電話で注文できますがインターネットからの予約だと割引になるケースもあります。

利用をするメリットについて

夜行バスのメリットは、時間がかかって人によっては足をあまり伸ばせないので眠りづらいといったこともありますが、何よりも料金が安く利用ができます。たとえば、東北にスキーの観光に行くとき朝から滑りたいから早朝に集合してそこから駅に向かう、しかし駅に到着してもそこから山に向かうのにも時間がかかり、とりあえずホテルに荷物を置いて準備してからと時間がかかります。それであれば前日夜に出発できる夜行バスです。通常であれば、新幹線の終電で運行していない時間帯でも夜行バスであれば目的地に向かうことができて早朝に到着します。そのため次の1日を観光地で有意義につかうことができます。それ以外にも出張で明日の朝には東京に戻らなければならないが終電でいけなくても夜行バスであれば間に合うことができます。